バイオマス とは?

2008年8月21日

バイオマス という言葉はご存知でしょうか?
バイオマス というのは、一般的には「 再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの 」と定義されています。

化石資源は有限ですが、 バイオマス は植物や生物から作られるものなので、
上手く利用すれば持続的に使うことができるため、次世代のエネルギー資源として注目されています。

現在、とうもろこしを材料にしたバイオ燃料が騒がれているのでよく知られていると思いますが、これも バイオマス を使って生成された バイオエネルギー です。

バイオマス にはいろいろなものがありますが、大きく分けて次の3種類に分類されます。

排気系バイオマス
食品廃棄物、生ゴミ、家畜排せつ物、建設発生木材などです。
食品廃棄物は肥料や飼料として利用できるのですが、そのように利用されているものはわずか10%!
90%は焼却や埋め立て処理されています。
建築発生木材も実は60%が未使用と推測されているんです。

未利用バイオマス
稲わらやもみ殻、間伐材など、普段使われない部分も バイオマス になる場合があります。
これらの バイオマス をガス化し、自動車の燃料として使えます。

資源作物
さとうきびやとうもろこしなど、資源としても使われている作物です。
これらに含まれるでんぷんや糖は、焼却しても熱量が低い バイオマスプラスチック などに使われます。

これら バイオマス は二酸化炭素を増やさなかったり、 循環型社会 を構築することも可能です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« CO2排出量 計算カリキュレーター | ホーム | バイオマス燃料 が作る 循環型社会 »

このページの先頭へ