政府やマスコミがあまり口にしない、遺伝子組換え食品の恐ろしさ

2011年12月 1日

政府は、TPPに参加する方向で話を進めていますが、
個人的に懸念していることがあります。
それは、遺伝子組換食品がどんどん輸入されてくるのではないか?ということ。

ニュースでは、農業の保護の問題は取り上げられますが、
それは、日本の作物が売れなくなる可能性があるという問題として取り上げられ、
もっと踏み込んだ話、遺伝子組換食品に関してはあまり取り上げられませんね。

なぜこれをもっと大きく論じないのか?疑問に思います。

アメリカにに本籍を置くバイオテクノロジー関連の多国籍会社で、「モンサント」という会社があります。
この会社は、遺伝子組換作物の種子や苗、それと除草剤(ラウンドアップ)の販売で世界の市場を1人勝ちで支配しているといっても過言ではありません。
その他、枯れ葉剤、人工甘味料(アスパルテーム)、牛成長ホルモン、
PCB(ポリ塩化ビフェニール)など、数々の問題商品も製造・販売しています。

モンサントの企業目標は、

「世界中の農家がより健全な食料を生産出来るよう手助けし、
農業が環境に与える打撃を軽減することを目指すとしている」

となっています。
栽培に手間がかからず、収穫量も多い種子、として遺伝子組換作物を売り出しているわけです。
聞こえは良いのですが、安全性や環境に対する影響については多くの科学者が疑問を持っています。

「モンサント・ファイル」という、こんな本も出ています。

遺伝子組換の脅威を説いたこの本は、1999年に発売された「モンサント・ファイル」の全訳で、年代は古いですが、基本的にその脅威や危険さは今も変わっていません。
これ以外にも、遺伝子組換の恐ろしさを紹介した本はたくさんでています。

こちらの記事では、2011年の最悪の企業にモンサントが選ばれたことが紹介されています^^;

紹介サイト:モンサントに「2011年の最悪の企業」の烙印
原文(英語):Monsanto Declared Worst Company of 2011

モンサントはこのように、世界中で色々と問題が勃発しているのですが、
日本ではあまり報じられません。

それどころか、日本は遺伝子組換で作られた種(GM種)をどんどん承認しています。
こちらは、厚生労働省が、安全性審査の手続きを経て"安全"としたものの一覧です。

参考:厚生労働省:安全性審査の手続を経た遺伝子組換え食品及び添加物一覧

これを見ると2011年12月1日現在で、名目上"安全"とされるGM食品は168品種となっているわけですが、本当に安全と言えるのかどうかは疑問ですね。
本国アメリカでも、承認されたGM種子で問題が発生していますからね^^;

信用できない安全性

モンサントは、動画を検索すると結構出てくるのですが、再三にわたって研究データをねつ造・改ざんする体質があるようです。

しかも、審査機関にも圧力をかけているため、異論を唱える学者はすぐに解雇されてしまうのがお決まりパターンです。

そして政府関係者に多数のコネがあり、人事交流もあるため、
自社に有利になるようにしており、適切な審査がなされずに、市場に商品を投入しているようです。

アメリカ政府は、遺伝子組換え種子の安全性の検査を強化するどころか、
従来の品種改良のものと同じ規制の法律を適用し、バイオテクノロジー産業の発展を推進しています。

しかし、モンサントの発表する研究結果が不十分であると主張する学者は大勢おり、
伝統的な品種改良と遺伝子組換による改良とで、もたらす結果の間には大きな違いがあり、
遺伝子組み換え技術は有害な影響をもたらす可能性があると指摘しています。

一例ですが、実際、インドにモンサントがもたらした遺伝子組換え綿花の"BTワタ"という種子がありますが、こちらは暴動や自殺者が出るほど大問題になっています。

BTワタは、BTという殺虫効果を持つ遺伝子が組み込まれている身を食べる蛾の幼虫を寄せ付けないということで、

「殺虫剤の使用料を78%減らし、収穫量を30%増やす」

というのがモンサントの言い分ですが、
フタを開けてみると、BTワタに病気が広がったり、蛾が耐性を持つようになり、
結局は殺虫剤をまかないといけない状態になっています。
しかも、蛾は耐性をもっていますから、駆除が以前よりも困難です。

そのように信憑性・信頼性に問題がある以上、"安全"という結果が発表されても理解できるものではありません。
それがたとえ政府や検査機関を通してでもです。反対するしかないということです。

ちなみに、アメリカの食品は、遺伝子組換えであることを表示する義務がありません。
(反対運動の多いヨーロッパでは義務付けられています)

日本は表示義務がありますが、TPPに参加すれば、関税障壁になっているといわれる可能性があり、
表示義務が撤廃させられる可能性も考えられます。

そうなってしまったら、もはや遺伝子組換え食品なのかどうか、判断することはできません。

GM種が広まれば、種をまくだけでも特許権の支払いが生じる

モンサント社は、"ラウンドアップ"という除草剤が主力商品なのですが、
このラウンドアップに耐性のある遺伝子組換え大豆"ラウンドアップ・レディ"を開発しました。
つまり、雑草は生えないようにするけど、大豆は枯れずに残るようにしようということですね。

この、ラウンドアップとその耐性大豆で、時間も経費も節約できる、ということです。
(近年、アメリカで耐性大豆に免疫をもった害虫が現れ、効力がなくなっているというニュースもあります)

このようなものを口に入れることの安全性が疑問視されていることも問題ですが、
それ以外に問題となっているのが特許権です。

つまり、このような便利な種子を作ったのだから、種をまくたびに特許使用料が発生するというわけですね。
特許権が発生する、ということは、農家は次の年にその種子を採取して、勝手に巻くことは許されません。

特許使用料をモンサントに払い続けなければならないのです。

アメリカでは、それによって今までの伝統的な手法で農業を営んできた農家が、
特許を侵害したとしてモンサントに訴訟を起こされ(少なくとも100件)、
多くの農家が破産したそうです。

どうやって収穫した種子を再び植えていることを確認したのか?というと、
モンサントは「遺伝子警察」というものを作り、農家の畑を監視、
無断で農場に入り、種子を盗んでいるわけです。

多くの農家はこのような独裁的なやり方を批判しますが、
大企業に個人が立ち向かってもかないません。

在来種への遺伝子の汚染は制御できない

では、農家じゃなかったらそのような種を買うこともないので大丈夫なのか?というと、
そういうわけでもありません。

遺伝子組換え種子と言っても、それが単一で育ち、単一で終わるのではなく、
在来種が種をまき散らして雌花に受粉するのと同じように、在来種と交配します。

つまり、遺伝子操作された種子が在来種を汚染するわけです。

トウモロコシの在来種の世界的宝庫だったメキシコでは、
その土地の住民によって伝統的に種子を守ってきたはずですが、
アメリカからの遺伝子操作種子に汚染されてしまいました。

ブラジルやパラグアイでも、遺伝子組換え作物の栽培を禁止しているにも関わらず、
アルゼンチンが認可したことで、種子が自然界に放たれてしまったために、
従来の種子が汚染されてしまいました。

そしてその遺伝子を使う以上、モンサントに特許使用料を払わなければならないわけです。
たとえ自分の育てた作物から種を採取したものを来年撒く、としてもです。

ラウンドアップのような殺虫剤を巻き続けなければいけないモンサントの種子、要らないですよね?
しかも特許使用料まで払わないといけないんです。
種の領域を侵した特許の在り方、本当にこのままで良いのでしょうか?


日本は今、TPPに参加しようとしています。
それは、モンサントの種子が日本に入ってきやすくなる、ということにも繋がりかねません。
そこを意識して交渉のテーブルにつかないと、そのまま受け入れては大変なことになります。

日本の在来種が汚染され、全ての作物や種子をモンサントに依存することになる、ということです。
特許権使用料による利益を払い続ける必要もあります。

モンサントがやっていることは、世界の食糧問題を解決する、という、食料の安全保障とは関係ありません。
伝統的な手法で作物を育てている農家や、自給自足をしている人達からお金を搾取し、
自分の収益を増やしているにすぎません。

モンサントの問題は挙げればきりがありませんし、世界中の色々な所でそのあり方を巡って争われています。

遺伝子組換え作物は、ヨーロッパではかなり民衆の反対運動が激しいので、
広がっているのは、南北アメリカ、オーストラリア、アジアになっています。
日本もヨーロッパのように、皆で反対して、日本への侵入を阻止したいですね。

今、農林水産省が、審査の内容について意見を募集しています。

遺伝子組換えセイヨウナタネ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

こういうことをメディアを使って告知しないのと、わかりにくい形で募集しているのはどうかと思うのですが、募集は、平成23年12月24日(土曜日)までとなっています。

今時、メールで送ることが出来ない、というのは、
なるべく送らないで欲しい、という抵抗の現れでしょうか?
わかりませんが^^;

twitterのハッシュタグ、#遺伝子組み換え も、色々な方が世界中で起こっているモンサントの問題の記事などを紹介したり、情報を共有していますので、参考になります。

なんとしても、遺伝子組換え作物には、Noをつきつけなければなりません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 幸せの国ブータンと日本の共通する点 | ホーム | 従来型の風車の3倍の電力!九州大学が開発した風レンズ風車とは? »

このページの先頭へ